スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワー9

MTGが現在どうなってるのか少し気になり、ちょっと見てみた。

ゼンディカーと言うエキスパンションから極稀にパワー9が出るらしい。
おいおい、パワー9なんて復刻していいのかよ。
とか思ったんですが、ただ出ることがあるだけで使うことは出来なかったようだ。
そりゃそうか。


ここで、パワー9を知らない人のために解説。

パワー9:
MTG(Magic: the Gathering)と言うTCGの黎明期に存在した、余りにも強大な力を持った9枚のカードの総称。

・Black Lotus
・Time Walk
・Timetwister
・Ancestral Recall
・Mox Pearl
・Mox Sapphire
・Mox Jet
・Mox Ruby
・Mox Emerald

以上の9枚をパワー9と呼ぶ。これらの壊れっぷりは相当酷い……もうほんと酷すぎるレベルである。

・(0)で場に出て、生贄に捧げるだけで、好きな色のマナ3点を出すBlack Lotus。
・(1)(青)で追加ターンを得られるTime Walk。
・(2)(青)で全プレイヤー手札・墓地をライブラリーに加え切り直し、手札を7枚引きなおすTimetwister。
・(青)でカードを3枚引けるAncestral Recall。
・(0)で場に出て、タップするだけで各々に付き決められた色1マナを出せる5枚のMoxたち。

この中でTimetwisterだけが格下扱いされます。使いどころが限られるから仕方ないでしょうね。
しかし、これらのパワー9、アーティファクトと青だけってのが凄い。
後のMTG史における、青の君臨っぷりを予見させるかのようなカードたちですね。


VISIONやってる人にはこれらのカードがどれほどすさまじいか、今一分かりづらいと思います。
MTGにおけるマナの概念とVISIONのノード、この二つは随分と違いがありますからね。
説明するのも面倒臭いからしませんけどね!
スポンサーサイト
検索フォーム
twitter
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。